自動運転の開発中止?大統領選は不正?2020年ビックリ予想

公開日: 更新日:

「自動運転の技術開発は中止」「原油は1バレル=70ドル超に上昇」「米大統領選は不正」――。今年はこんな年になるかもしれない。

 年初に発表された「2020年予想」に市場が関心を寄せている。米投資会社ブラックストーンのバイロン・ウィーン副会長が毎年公表する「ビックリ予想」は“当たる”と評判だ。

 昨年も「中国の上海総合指数(株式)25%上昇」「米S&P50015%上昇」などを的中させた。14年には「日経平均が1万8000円に到達」という日本絡みの予想もズバリ当てている。

「それだけに日本の市場関係者の関心は高いのです。気になる今年のビックリ予想は日本を名指ししたものはありませんでした。ただ、自動運転に関する内容があって、それが気がかりです」(証券アナリスト)

 バイロン氏は、大手自動車メーカーかテクノロジー会社が実験車両で事故を繰り返し「自動運転技術の開発中止」を表明すると予想した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る