故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

公開日: 更新日:

【読み切りドキュメント】美術商の事件簿(下)

▽前号のあらすじ 中国・北京の「故宮博物院」で、日本人観光客が購入した陶器と鑑定書が次々と私の骨董店に持ち込まれた。しかし、すべて贋作だ。これは国家的詐欺事件なのか。話を聞いた知り合いのテレビ局ディレクターの小俣が興味津々、取材に動き始めた。

 息を切らしてテレビ局の小俣がやって来た。スーツ姿の大男とカメラマンも一緒だ。小俣が「ベイやん」と呼んでいた男は「二瓶」と名乗り、同じ報道局のディレクターだった。

 骨董品が並ぶ店内には別の客もいた。私は、待たせていた男性客と小俣たちを、店に隣接する事務所へ連れて行った。ここの応接間なら静かで撮影にもうってつけだ。

 挨拶がすんで、二瓶と小俣が、恰幅のいい経営者風の男に矢継ぎ早に質問を浴びせている。おおよそはすでに知っていることなので、私は席をはずし、店に戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る