業績好調「メタウォーター」水にまつわるビジネスに強み

公開日: 更新日:

 自治体向けの上下水施設や下水汚泥発電設備などを手掛けるメタウォーター(9551)に注目する。

 ファブレス(工場を持たない)企業ながら、セラミック膜ろ過システムの機械技術は日本ガイシ、それを動かす電気設備技術では富士電機と組み、両方の機電融合技術を持つのが強みだ。

 両社は大株主でもある。ともに28・9%(19年9月末)を保有する筆頭株主だったが、資本効率の向上などを狙って昨年、自己株式の取得を行った。その結果、日本ガイシは25・33%を保有する1位株主となり、富士電機は24・40%を持つ2位株主となった。新たな株主還元策も計画中という。

 事業面では、中長期的にPFI(民間資金を活用した社会資本整備)やPPP(官民パートナーシップ)を活用した施設メンテナンス、維持管理、運転管理といったサービスを強化中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る