隠し財産のことを聞くと決まって嘆き節「すべて家族に…」

公開日: 更新日:

 最盛期には数百億円のカネと3000人の従業員を思うままに動かしてきた中江滋樹氏。なぜ都心から離れた川べりの安アパートの一室で独り寂しく亡くなったのだろうか?

 長らく中江氏を支え、変わらぬ友情を示していたのはパソナの南部靖之氏だった。16年前、中江氏は50歳の時にカナダでビザが切れていることが発覚し、強制送還で実家の滋賀県近江八幡市に愛犬と共に帰ってきた。そして愛犬が原因で近所とひと騒動を起こした。その時に、中江氏が再び東京に出るためにペットと暮らせるマンションを世話してくれたのも南部氏だった。

 東京に戻ってきた頃は、パソナの迎賓館である「仁風林」の整理などを頼まれたこともあり、愛犬を連れて通っていた。

 10年前、私が最初の取材で中江氏に会ったのもこの頃だった。すでにハンティングベストを愛用し、左右の胸ポケットにそれぞれ携帯を入れ、マウンテンバイクで移動していた。また、「相場禅」という自らのブログも開設し、これからはネットを使ったビジネス展開も考えていると語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る