隠し財産のことを聞くと決まって嘆き節「すべて家族に…」

公開日: 更新日:

 最盛期には数百億円のカネと3000人の従業員を思うままに動かしてきた中江滋樹氏。なぜ都心から離れた川べりの安アパートの一室で独り寂しく亡くなったのだろうか?

 長らく中江氏を支え、変わらぬ友情を示していたのはパソナの南部靖之氏だった。16年前、中江氏は50歳の時にカナダでビザが切れていることが発覚し、強制送還で実家の滋賀県近江八幡市に愛犬と共に帰ってきた。そして愛犬が原因で近所とひと騒動を起こした。その時に、中江氏が再び東京に出るためにペットと暮らせるマンションを世話してくれたのも南部氏だった。

 東京に戻ってきた頃は、パソナの迎賓館である「仁風林」の整理などを頼まれたこともあり、愛犬を連れて通っていた。

 10年前、私が最初の取材で中江氏に会ったのもこの頃だった。すでにハンティングベストを愛用し、左右の胸ポケットにそれぞれ携帯を入れ、マウンテンバイクで移動していた。また、「相場禅」という自らのブログも開設し、これからはネットを使ったビジネス展開も考えていると語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る