隠し財産のことを聞くと決まって嘆き節「すべて家族に…」

公開日: 更新日:

 最盛期には数百億円のカネと3000人の従業員を思うままに動かしてきた中江滋樹氏。なぜ都心から離れた川べりの安アパートの一室で独り寂しく亡くなったのだろうか?

 長らく中江氏を支え、変わらぬ友情を示していたのはパソナの南部靖之氏だった。16年前、中江氏は50歳の時にカナダでビザが切れていることが発覚し、強制送還で実家の滋賀県近江八幡市に愛犬と共に帰ってきた。そして愛犬が原因で近所とひと騒動を起こした。その時に、中江氏が再び東京に出るためにペットと暮らせるマンションを世話してくれたのも南部氏だった。

 東京に戻ってきた頃は、パソナの迎賓館である「仁風林」の整理などを頼まれたこともあり、愛犬を連れて通っていた。

 10年前、私が最初の取材で中江氏に会ったのもこの頃だった。すでにハンティングベストを愛用し、左右の胸ポケットにそれぞれ携帯を入れ、マウンテンバイクで移動していた。また、「相場禅」という自らのブログも開設し、これからはネットを使ったビジネス展開も考えていると語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ