「正月から食欲がなくて」2人だけの新年会で見せた生活苦

公開日: 更新日:

 中江滋樹氏が2月20日に亡くなった。享年66。自室から出火し、焼死するという本人にとっても不本意な最期だったに違いない。

 中江氏と最後に会ったのは、今年の1月16日。出火したアパート近くの料理屋で2人だけの新年会を開いた。食事をとりながら2時間近くを過ごした。彼は、いつもと同じトレーナーの上にハンティングベストをまとっていた。ポケットがいっぱい付いているので携帯や部屋の鍵など小物を入れるのに便利だからと愛用していた。右足が悪く、昨年からは杖に頼らないと歩けないという。

 彼は開口一番、「正月から食欲がなくて、何も食べてない」と言った。気が向いたら近所のコンビニの弁当や回転ずしのテークアウトで腹を満たしているという。

「きょう、(新年会で)これだけたくさんの食事をして、元気になれた。まだまだ大丈夫だ」とうれしそうな表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る