「正月から食欲がなくて」2人だけの新年会で見せた生活苦

公開日: 更新日:

 中江滋樹氏が2月20日に亡くなった。享年66。自室から出火し、焼死するという本人にとっても不本意な最期だったに違いない。

 中江氏と最後に会ったのは、今年の1月16日。出火したアパート近くの料理屋で2人だけの新年会を開いた。食事をとりながら2時間近くを過ごした。彼は、いつもと同じトレーナーの上にハンティングベストをまとっていた。ポケットがいっぱい付いているので携帯や部屋の鍵など小物を入れるのに便利だからと愛用していた。右足が悪く、昨年からは杖に頼らないと歩けないという。

 彼は開口一番、「正月から食欲がなくて、何も食べてない」と言った。気が向いたら近所のコンビニの弁当や回転ずしのテークアウトで腹を満たしているという。

「きょう、(新年会で)これだけたくさんの食事をして、元気になれた。まだまだ大丈夫だ」とうれしそうな表情を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る