中江滋樹
著者のコラム一覧
中江滋樹「投資ジャーナル」元会長

「投資ジャーナル」元会長。1954年、滋賀県近江八幡市生まれ。県立彦根東高校卒業。一時「兜町の風雲児」として注目されたが、1985年、7000人余りから580億円をだまし取ったとされる詐欺事件が発覚。首謀者として逮捕され、懲役6年の判決を受ける。その後、表舞台から姿を消し、一時死亡説も流れた。

佐川正明や稲盛和夫…東京進出後に広がった経営者との人脈

公開日: 更新日:

 東京進出後の20代の中江は、政治家や若手経営者に人脈を広げていった。レンタルレコードの「黎紅堂」の大浦清一社長から佐川急便2代目の佐川正明氏を紹介してもらい、その誘いで京都の佐川急便の細川別邸に行ったことがある。その時に「京セラ」の稲盛和夫社長も来ていた。

「ボクは稲盛社長に、VHSとベータのビデオデッキ問題で関東電化が開発したメタルテープのことを話した。そしたら稲盛社長が『興味あります、聞きたい』といってボクに次々と質問をしてきたんだ。ボクの情報を聞いた稲盛社長がひと言、『わが社も進出するつもりです』と言った。セラミックの部品メーカーである京セラがどうやって8ミリビデオに進出するのか、ボクはそれを聞いて、これはどこかのカメラメーカーを買収すると思った。その後、ヤシカの株が暴騰した。稲盛さんがわが社も進出すると言っていたのは、このことだと思った。しばらくしてボクの読み通りに京セラはカメラメーカーのヤシカを吸収合併した。大企業のトップの言葉にはいろいろなヒントが含まれている。それを読み取れるかどうかだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る