向後はるみ
著者のコラム一覧
向後はるみ投資アドバイザー

投資エバンジェリスト。ラジオNIKKEI第一「実践!投資の女神 注目銘柄分析」パーソナリティー。テクニカルアナリスト、FP。2014,16,17年の株1グランプリ・グランドチャンピオン&最多優勝ホルダー。Yahoo!ファイナンス、「ネットマネー」や「ダイヤモンドZAi」、宝島株ムックなど執筆多数。わかりやすく実践的な内容が好評で、全国で講演活動を行う。

業績好調「メドピア」医師向けオンラインプラットフォーム

公開日: 更新日:

 米10年債利回りが過去最低を記録、原油は1バレル=20ドル台、米S&P500種株価指数で初のサーキットブレーカー発動、WHOが新型コロナウイルスを「パンデミック」宣言、NYダウも歴史的な下落幅と、ハイボラティリティー、大荒れの展開が続いています。

 信用リスクは拡大し、各国の株式相場からも資金の流出が止まらず、世界はリスクオフムード一色。PBRやPERなどバリュエーション面での水準感はそこそこではあるものの、あまりの売り圧力の強さにどこが底なのかも見えず、手が出せない状況が継続していますね。

 今回の原稿についても、商品やETFなどいろいろと検討しましたが、「相場が一時的に落ち着きを見せた時に狙いたい株」としてピックアップをすることにしました。

 新型コロナウイルス感染拡大をきっかけとした実体経済への影響は、今回の下げのみでアク抜けしてスルスルと株価が戻っていくようなイメージはついていません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る