もう底が見えない東京株式市場…1万2000円まで下落の恐怖

公開日: 更新日:

 株価の下落に歯止めがかからなくなってきた。世界の株式市場は、売りが売りを呼び、軒並み高値からの下落率が2割を突破、「弱気相場」に突入している。ウォール街では、20%超の下落を「弱気相場」とみなし、経験則から「弱気相場」に入ると、投資家が悲観を強め、株安を加速させるとみなされている。この「世界同時株安」はどこまで進むのか。

 ◇  ◇  ◇

 13日の日経平均株価は、前日比1128円58銭安の1万7431円05銭と、3年4カ月ぶりの安値水準に沈んだ。年初来高値である2万4115円から、約3割もの下落である。わずか1週間で3000円以上の下落だから異常だ。

 NYダウも連日、「過去最大の下げ幅」を記録。きのうは大幅に戻したが、この1週間の下げ幅は2600ドルを超えた。

 いったい底値はいくらなのか。市場が想定しているのは、日経平均1万7000円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  6. 6

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る