景気不安でNY株一時3000ドル超の暴落 東京市場も前場続落

公開日: 更新日:

 週明け16日のNY株式相場は、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が景気後退入りするとの不安が増大し、史上空前の大暴落となった。

 ダウ平均は前週末終値比2997・10ドル安の2万188・52ドルで終了した。終値としての下げ幅は12日(2352ドル)を上回り、過去最大。下落率は12・9%に達し、1987年のブラックマンデー(22・6%)に次ぐ過去2番目の大きさとなった。取引中には、下げ幅が一時3000ドルを超えた。取引開始直後には、相場安定化を図るため、今月3回目となる「サーキットブレーカー」が発動し、取引が15分間中断された。

 15日にはFRB(米連邦準備制度理事会)が緊急利下げに踏み切るなど、主要中銀が相次いで追加の金融緩和に踏み切ったものの、かえって投資家の景気悪化への懸念をあおった形になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る