トヨタ社長は「ご安心ください」だが自動車販売は大丈夫か

公開日: 更新日:

「ご安心ください。トヨタは大丈夫です」。6月11日、愛知県豊田市の本社で開催されたトヨタ自動車の株主総会で、豊田章男社長はこう株主に呼びかけた。2021年3月期は本業の儲けを示す営業利益を5000億円と発表した。新型コロナウイルスの直撃で他メーカーが今期決算の予想を見送る中、5000億円の黒字を発表したのはさすがだ。しかし、前期の約2兆5000億円に比べ約80%の減益になる。同社幹部社員が言う。

「工場の休止や生産調整が続く中、発注が来ないサプライヤーや在庫に不安を持つ全国のディーラーから『いつまで(工場の)中止、延期をするのか』『今後どうなるのか』といった疑問が本社に殺到しました。『トヨタは大丈夫です』という社長発言は、トヨタを支えてくれているステータスホルダーの方々に、安心してもらうという意味だったと聞いています」

 5月の新車販売台数(普通+小型車)は12万3781台と前年同月の41.8%減。昨年10月の消費増税以来8カ月連続のマイナスだ。メーカー別に見ると最も落ち込みの少ないトヨタでも33.2%、日産は51.7%、ホンダは42.8%と大幅減少だ。緊急事態宣言を境に販売店にはほとんど来店客は見られないという。首都圏のトヨタ車ディーラー幹部が嘆く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る