ミズノがマスクに続きフェイスシールド!速攻で売り切れに

公開日: 更新日:

 水着と同じ素材でつくられたマスクカバーが大人気となっているスポーツメーカーのミズノ。公式オンラインサイトでの第1回目の抽選販売ではアクセスが殺到してサーバーがパンクしてしまった。新型コロナウイルス感染症向けとして今度は7月3日に飛沫防止のためのフェイスシールドを会員専用ネットサイトで発売した。税抜き価格1600円。ところが…即日どころか、発売から2時間も立たずに在庫切れになってしまった。

 このフェイスシールドは、空手用防具の額パッドや収縮性のストラップを使用するなど、これまで培ってきたノウハウも生かされているようだ。今回のフェイスシールドは介護や医療現場との共同開発だったとされるが、ミズノはメディカル(医療用)ユニフォーム、シューズなども製造販売している。

 そんな信頼性もあるかもしれない。品切れ後、このフェイスシールドは公式ホームページからも消えて、もはやその姿すら確認することもできない“マボロシ”の存在になっている。公式オンラインサイトで検索しても、もはや野球向け「守備用フェイスガード 黒 4950円税抜き」しかヒットしない。まさかと思うが、飛沫防止フェイスシールドと間違えてお買い求めにならないように。

 さすが日本屈指のスポーツメーカーのミズノ。素早い反射神経であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る