「Go To トラベル」見切り発車の裏に…旅行業界の阿鼻叫喚

公開日: 更新日:

「重症者が増えている。特に(重症化リスクの高い)高齢の方や、既往症のある方は外出をお控えいただくことが重要と考えている」

 東京都の小池知事がこう呼びかける中で始まった政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーン。東京都発着が除外されたとはいえ、全国の自治体首長などからは「このタイミングで強行して大丈夫なのか」「新型コロナウイルスの新規感染者を増やすだけではないのか」といった疑問の声が相次ぐ。にもかかわらず、政府はなぜ、「Go To トラベル」を前倒ししてまで実施に踏み切ったのか。そこには阿鼻叫喚の旅行業界の台所事情があったのは間違いない。

 観光庁が発表した主要旅行業者47社の旅行取扱状況(速報)によると、今年5月の総取扱額は、前年同月比97.6%減の95億7340万円。国内旅行が同96.6%減の81億7560万円、海外旅行が同99%減の13億5850万円、外国人旅行が同99.8%減の3920万円で、いずれも壊滅的な状況だ。大手旅行会社の取扱額では、JTB(10社)が同96.4%減、KNT-CTホールディングス(13社)が同98.7%減、日本旅行が同98.2%減となり、海外旅行の取扱額がゼロ円の会社も少なくなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る