小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ヤリスクロスはラゲッジも広いが 実燃費25km/ℓ超えの衝撃

公開日: 更新日:

トヨタ ヤリス クロス(車両価格¥1,798,000/税込~)

 今年一番売れるコンパクトSUVかも? とウワサされる新型車に公道で乗ってきた。名前はトヨタ ヤリス クロス! テストコースで一度確認済みだが、その時からヒットの匂いでプンプン。最大のキモはベースたる新型ハッチバックのヤリスの出来の良さと人気だ。

 ヤリスは今年2月に国内登場。いきなり3万7000台の大型受注をゲットしたが、最大のポイントは実燃費リッター30kmも記録する新世代1.5ℓハイブリッドの出来の良さと可愛いデザイン。

 ヤリスの前身は日本でもお馴染みコンパクトのヴィッツで、その面影を持ちつつより凝縮感あるスタイルを獲得。既に国内で登録車月販1位を何度も獲得している。

 一方、露骨な欠点もあって、それはライバルより狭いリアシートとラゲッジ。ところがヤリスクロスは、ヤリスと共通のプラットフォームを使いつつボディーを拡大。ヤリス以上の総合力を誇るのだ。

走りも圧巻のクオリティー

 全長×全幅×全高は4180×1765×1590mmとひと回り大きい。実際、外板はハッチバックから一新していてヤリスよりワイルドでマッチョ。顔がやや無表情になったがそれはそれで現代的だ。

 かたや車内フロントシート回りはほぼ変わってない。しかしリアは座面が上がってヘッドルームが広くなって居住性が向上。なによりラゲッジ容量は390ℓと上のクラスを食うほど広く、コンパクトだがゴルフバッグを2コ積めるほど。

 さらに圧巻は走りで、ハッチバックからしてクラス随一のスポーティーハンドリングと締まった乗り心地が自慢だったが、その良さを見事に継承。

 ハッチバック比で車重が100kg程度重くなった分、出足は多少甘くなったが、それでも1.5ℓハイブリッドの場合は十分速いレベルで、モータートルクの太さが光る。乗り心地はやや硬めではあるが、ハッチバックほどのロードノイズは感じないし上質で快適。

EVいらずと言っていい実力

 何より横浜の公道を走って感じたのは実燃費の良さ。主に首都高を中心に20Km走ったところメーター計測でリッター25km超を記録! これはホンダ・ヴェゼルやトヨタC-HRなどライバルSUVを追い抜くどころか、より燃費のいいハッチバックのプリウスやカローラハイブリッドを越える勢いなのだ。

 燃費は乗り方や天候で変わるが、ヤリスクロスは間違いなくヤリスに次ぐ実燃費自慢のコンパクトSUVになるだろう。一時ほど燃費で一喜一憂しなくなったニッポンだが、改めてこの使い勝手で低燃費は素晴らしい。ほとんどEVいらずと言っていい実力。久々にこの燃費だけでも買っていいのでは? と思えたクルマだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る