ぐるなびGoTo食事券サイト PR店の上位表示「不公平」の声

公開日: 更新日:

 飲食店支援策として11月20日から利用が始まった「Go To Eatプレミアム付き食事券」。しかし、第3波といわれる新型コロナウィルスの感染拡大で、酒類を提供している飲食店への営業時間短縮等の要請が出された。これにより、東京、大阪、北海道などでは11月27日から12月17日まで食事券の販売を一時停止することになった。

 このプレミアム食事券は購入金額の25%が付与され、1万円分購入した場合1万2500円分の食事券を手にすることができる。紙と電子の2タイプがあり、先着順と抽選によってそれぞれ最大300万セット、125万セットと全国で総額500億円分が発行されることになっている。

 東京の場合、この食事券を利用できる店舗を調べるサイトは、大手グルメサイト「ぐるなび」に一元化されている。ところが、サイトで上位に表示されるのが広告料を支払っているPRマーク付きの店舗やサイトから直接予約ができる加盟店で、無料掲載の店舗は下位でしか表示されない状況なのだ。

「通常時であれば広告料を支払っている店が上位表示されるのは、ビジネスでサイト運営をしているのだから仕方がありません。ただ、政府主導で行っているキャンペーン、いわば公共事業でお金を支払っているところが優遇される仕組みはどう考えてもおかしいのではないでしょうか」(都内の飲食店経営者)

 すでに付与が終了しているポイント事業のときには、ぐるなびのほかに、食べログ、一休レストランなど複数の事業者が店舗予約を担っていたものの、今回、東京都の食事券の利用店舗検索はぐるなびが独占。食事券が利用できる店舗情報の掲載などの運営費用がぐるなびに支払われるほか、サイト経由で予約できる店舗に関しては予約手数料も徴収している。このため、飲食店の経営者などからは「不公平ではないか」という声が多く聞かれているのだ。

 そんななか、すべての飲食店を平等に掲載するサイトを作成した有志もいる。東京都中央区の地域情報サイト「中央区民マガジン」では、独自に、この食事券が利用できる中央区内の飲食店をエリア別、五十音順に掲載した「中央区版GoToEat食事券対応店舗」を公表。

「食事券の販売を開始した後にこのことに気づきました。ポイント制の時はさまざまなグルメサイトで店舗情報の閲覧、予約ができたので問題はありませんでした。今回の食事券の場合はほかに選択の余地がないにも関わらず、表示順に差異が出るのはおかしいということで、急遽、対応店舗の一覧を作成しました」(中央区民マガジン編集長の山下信治さん)

 現在、食事券が利用できるにもかかわらず、ぐるなびに掲載されていない店舗も存在する。そうした店舗情報もフォローしているという。

■業績悪化のぐるなび会長と菅首相の深い関係

 ぐるなびは、菅義偉首相とつながりが深い企業として知られている。菅政権発足後、今年の文化功労者にぐるなび創業者で現会長の滝久雄氏が選ばれている。過去に滝氏が会長を務める広告代理店から菅氏の政治団体に政治献金があったことは、週刊文春などでも報じられている。

 ぐるなびは、農林水産省から「オンライン飲食予約事業者」として「Go To Eat キャンペーン」運営のほか、国内生産者の復興施策の一環として飲食店向け国産食材ECサイトの運営も受託している。 菅首相と滝氏の関係性が事業者選定に影響を与えていると勘ぐられても致し方ないだろう。

 ぐるなびは他のグルメサイト同様、このコロナ禍で大きく業績を落としている。2021年3月通期決算の業績予想は売上高178億円、営業利益92億円の赤字と、前期(20年3月期)の売上高309億円、営業利益18億円に比べて大幅に悪化。しかし、ぐるなびはコロナ以前から業績不振に陥っていたという。

「コロナ以前から競合の食べログなどに押され右肩下がりでしたが、コロナが追い打ちをかける形となりました」(市場関係者)

 19年3月期までの3期分の業績は以下の通りで、売上も利益も逓減傾向にある。

●19年3月期 売上高327億円 営業利益12億円

●18年3月期 売上高362億円 営業利益47億円

●17年3月期 売上高369億円 営業利益67億円

 Go To Eatキャンペーンで飲食店に客足が戻りつつあったが、繁忙期の年末に向けての感染拡大で廃業を覚悟している経営者も少なくない。どの飲食店も経営が苦しい中、有料契約をしている店が有利な仕組みはあってはならないだろう。

 この件についてぐるなびに問い合わせたところ、複数の企業が運営主体となっているGo To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体から回答があった。

「ぐるなびさんの検索の仕組みを活用しているため、加盟店が上位に表示されるようになっています。現在、市区町村別で五十音順に表示されるように準備を進めているところです。いつからそうなるかの目処はたっておりません」(Go To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体 広報事務局)

 と、一応、改良の予定はあるという。1日も早くこの不公平感が解消されることが望まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る