佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

秘密組織「扇会」が暴露された“みそぎ”の東芝

公開日: 更新日:

 府中工場では労働組合と一緒になって人権侵害と“職場八分”を繰り返し、上野仁に“職場八分裁判”を起こされた。これが上野1人に対する話ではなく、とにかく異論どころか疑問を持つことも許さないのだということは、1974年春に結成された秘密組織「扇会」を探ると、よくわかる。会社のスパイ組織ともいうべきこの会の実態は、上野の裁判の過程で明らかになり、東芝をあわてさせた。組合執行部を「健全派で固める」とか、配転について、「応じるという結論を出さねば職場にいられないというムードを作る」ために努力すると誓っている扇会の文書には「問題者への対応」という章があり、「問題者」を判断するポイントを挙げている。

 かつて黒ダイヤといわれて隆盛を誇った石炭産業はエネルギー革命の進展によって石油にとってかわられ、衰退の一途をたどった。

 東芝も原発にしがみついている限り、未来はないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    小池都知事が都ファ“子分”の千代田区長選に出しゃばる理由

  10. 10

    中森明菜「ザ・ベストテン」1位獲得回・曲数以外の大記録

もっと見る