“ゴミ屋敷”状態の実家は売りたくても残置物処分が高くつく

公開日: 更新日:

 空き家が目立っています。「7軒に1軒が空き家」といわれる時代ですから、どなたも避けて通れない問題だと思います。

 弊社にも、空き家の売買の話が持ち込まれます。

「実家を処分してほしい」と相談にやってきたのは同じ町内会に住む村瀬さん。実家は隣の区にあり、両親が暮らしていましたが、父親が5年前に亡くなり、施設に入っていた母親も2年前に亡くなったので、そろそろ実家を処分したいとの話です。

 さっそく現地検分をしました。村瀬さんの実家は築40年以上の木造2階建て。だれも住んでいないので、かなり傷んでいました。鍵を預かっていたので、室内も見ましたが、ビックリです。ほとんどゴミ屋敷状態。村瀬さんも一度は片付けようと段ボールに仕分けしたそうですが、企業の役員という多忙な身。お手上げとなり、結局、貴重品だけを持ち出し、あとはほったらかし状態が続いているそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る