歴史的建築物・堀ビル 取り壊し回避しオフィスビルに再生

公開日: 更新日:

 明治から昭和初期の建築物が老朽化で取り壊され、建て替えられるケースがある一方、耐震性を確保しながら歴史遺産として再び活用されるケースも増えつつある。

 東京・新橋、外堀通り沿いに建つ築89年、地上5階地下1階の重厚な外観の「堀ビル」は老朽化に直面する中、取り壊しの危機に瀕していた。

 しかし、堀ビルは1998年に国の登録有形文化財に登録されるなど、外観だけでなく内部にも貴重な装飾が施され、価値が認められていた建物。

 後世に残したいと願うオーナーの堀信子氏(堀商店会長)は、竹中工務店にビル1棟を賃貸し、同社が改修工事を実施。リノベーションによりシェアオフィスとして生まれ変わった。

 1890年創業の堀商店は、建築金具の製造販売を新橋の地で開始。堀ビルは建築当時の内外の趣や建材を極力残しつつ、使い勝手のいいオフィス「GOOD OFFICE 新橋」として再生された。

 新橋駅から1分ほどという利便性の良さから、大企業のオフィス縮小に伴う移転やサテライトオフィスとしての利用、ベンチャー企業の入居を想定。共有スペースのほか、スマホのアプリで予約できる会議室や個別ブースも完備。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…