コロナ保険の契約急伸中 太陽生命は過去10年で最速ペース

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス感染の収束が見通せない中、生命保険会社の対応商品の契約が急速に伸びている。T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険が昨年9月に投入した業界初のコロナ対応保険は、約8カ月で契約件数が10万件を突破し、同社では過去10年で最も速いペースを記録した。背景には、感染した場合の収入減や急な出費など家計に対する不安がある。

 新型コロナに感染すると、入院や療養を余儀なくされる。一時的に収入が急減したり、食品宅配などの利用で出費がかさんだりする恐れがある。

 太陽生命は、コロナ感染に対応した個人向け入院保険を発売。コロナなどの感染症と診断された場合、日帰り入院や自宅療養も含め、入院一時金として最大40万円を支払う。広報担当者は「コロナ感染への不安が強い中、社会のニーズに応えられた」と話す。

 第一生命保険は今月9日、一時金は一律10万円だが、コロナ感染拡大の状況によって保険料が変動する保険を投入。契約数は1週間ほどで約3000件に上った。富国生命保険は、医療保険の加入者なら追加の保険料なしで、コロナなどの感染により入院した場合、一時金を2倍にする保険を昨年12月に発売。各社が工夫を凝らしている。

 生命保険協会の根岸秋男会長(明治安田生命保険社長)は「各社が多様な商品の開発を進めることは、業界にとって望ましい」と語る。コロナ禍が長期化する中、今後もさまざまなニーズを捉えた新たな保険商品が登場しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

もっと見る