住友理工×西川ゴム工業 自動車産業を支えるゴム大手を比較

公開日: 更新日:

 トヨタ自動車の決算(2021年3月期)が先週、発表されました。販売台数は前年度より15%減り約764万台でしたが、トヨタグループの20年世界販売台数は約952万台とトップです。

 今期(22年3月期)の売上高は前期比で10%増となる30兆円、純利益は同2%増の2兆3000億円を見込みます。コロナ禍でも好決算を予想する強さです。

 今回は自動車産業を支えるゴム関連の「住友理工」と「西川ゴム工業」の社員待遇を比較してみます。

 住友理工は愛知県に本社を置く住友電工系の会社です。自動車用の防振ゴム、ホース部門で国内最大手。ゴムや樹脂の材料配合技術に強みを持ち、トヨタほか自動車各社に製品を納入しています。また建機や事務機器向け部品にも力を注ぎます。

 西川ゴムは広島県に本社を置く自動車部品の独立系メーカーです。国内の自動車メーカーすべてと取引があり、ドアウエザーストリップは国内シェアトップを誇ります。この製品は自動車のドアとボディーのすき間を埋めるシール材などです。ボンネット内の防塵などにも使用されます。また住宅関連や土木関連の製品も扱っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る