パソナ過去最高の営業益 五輪とコロナで荒稼ぎの不公平感

公開日: 更新日:

 現在、兵庫県・淡路島に新社屋建設中で、東京・大手町の本社に勤務する7割近い1200人を、2024年5月までに移転させることを発表している大手人材派遣会社のパソナグループ。先月、2021年5月期の業績を当初予想から上方修正した。

 パソナは「東京2020オフィシャルパートナー」。つまり東京五輪の大会スポンサーであり、大会運営業務を受託している。東京五輪・パラリンピックの選手村や競技会場などの運営に当たるスタッフの派遣を担うが、5月26日の衆議院文部科学委員会で、大手広告代理店の東急エージェンシーが締結した業務委託契約書によると、運営スタッフ1人あたりに支払われる日当が最高で35万円、管理費・経費を入れて42万円で受託していることが発覚。実際に支払われる日当との差額が大きく、大幅な中抜きが指摘されている。

■前期比で10倍以上の伸び

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る