ソニーの大化けに学ぶ株価10倍「テンバガー」の見つけ方

公開日: 更新日:

 投資した株が10倍以上に大化けすることを「テンバガー」と呼ぶ。すべての投資家の夢である。テンバガーというと中小型の仕手っぽい銘柄をイメージしがちだが、意外にもソニーが9年かけてテンバガーの仲間入りを果たした。何が大化けの原動力なのか、勉強することは無駄ではない。

 最近10年を見ると、ソニーの株価の底値は2012年11月の772円。信じられない株価だが、事実ここまで落ちた。それが昨年12月に1万円を突破し、本年2月には高値1万2545円をつけたものだ。ほぼ9年で株価は10倍どころか16倍に値上がりした。

 ソニーは、長らく家電とエレクトロニクスを中核事業とする「ものづくり」の国際優良株として評価され、「世界のSONY」と呼ばれた。しかし、リーマン危機に家電販売の低迷などが重なり、2009年から6年間で累積1兆円もの最終赤字を計上。市場ではさかんにソニーの危機説が叫ばれ、株価も1000円を割り込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る