丹羽久 丹羽誠社長<1>29歳の時に転職した外資系で「物の売り方」を学んだ

公開日: 更新日:

「丹羽久」は、天然素材を原料にした洗剤や消臭剤などの日用品を取り扱う1880年創業の老舗メーカーである。昨年9月に発売した「マスクのつけ置き除菌洗浄剤」が、コロナ禍での需要にマッチして売り上げは好調だ。

 陣頭指揮を執るのが、丹羽誠社長。何代目かと聞くと「実は名字が同じなだけで、血縁関係は全くありません。いつも聞かれて答えると、皆さん驚きます(笑い)」とのこと。

 1960年に愛知県で生まれ、高校時代はサッカーで全国大会に出場した。独協大学卒業後は、大手アパレルメーカーに入社する。

「アパレル業界は中間流通がないので、小売店舗まで自分たちで届けなければなりません。だから朝から晩まで働くのは当たり前。しかも、営業は気合と根性という感じでしたので、随分鍛えられましたね」

 1989年、29歳の時にイギリス・ロンドンに本拠を置く世界有数の一般消費財メーカー「ユニリーバ」に転職。ステップアップのためだが、当時まだ珍しかった外資系企業への転職は、その後の丹羽の人生を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る