姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

米中2大国に命運を握られた台湾の悲哀…「国」をめぐる問題は永遠のテーマ

公開日: 更新日:

【緊急連載】どうなる中台関係 ペロシ氏訪台の衝撃(下)

「オランダや日本に統治された台湾は、いつも違う“親元”で育てられてきたようなもの」──台湾出身で日本在住の彭玉英さん(仮名)はこう語る。21世紀になっても、台湾の命運はなお米中2つの大国に握られている。

 台湾には中華民国という国名や国旗、国歌があるというが、中国の「1つの中国」の原則を支持する日本で、在住の台湾出身者はさまざまな矛盾を経験している。日本政府が発行する在留カードもその1つ。彭さんのカードの国籍欄には<中国(台湾)>と記載されているが、「何かあったときは中国大使館に駆け込め、ということでしょうか」。出入国在留管理庁は、「確かに過去は<中国(台湾)>だったが、今では<台湾>と記載できるようになった」と言うが、「“国”をめぐる問題は私たちにとって永遠のテーマ」だと彭さんは言う。

 一方で、米国も「1つの中国」を支持していた。5月26日、ブリンケン米国務長官は「米国は1つの中国政策を守る」とし、2日後には、米国務省が一時削除していた「米国は台湾の独立を支持しない」という文言をサイト上に再掲載した。さらに6月11日、オースティン米国防長官がシンガポールで「『1つの中国』を支持する」ことを表明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声