第7波でコロナ関連破綻4000件の大台超え!岸田政権は法的根拠ある措置とらず放置状態

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる感染者数が全国で過去最大規模に広がり、企業経営に新たな影響を及ぼしている。東京商工リサーチが発表している「新型コロナウイルス関連の経営破たん」は、2020年2月25日の第1号の発生から直近の22年8月5日までの累計で4021件を超える。 

■コスト高加わり中堅クラスの倒産目立つ

 21年の累計は1718件で前年(843件)の2倍に増加したが、今年は7月までに1207件と前年同期比で30.2%増、7月だけでも178件が判明し18カ月連続で100件を超えている。

 倒産件数が3000件を超えたのはコロナ発生から約2年後の22年3月だったが、その後わずか150日後(8月2日)には、約1000件の倒産が相次いでいるのである。

 急増するコロナ関連破綻は、これまでの第6波と現在の第7波では倒産の原因の様相が大きく違ってきている。東京商工リサーチの友田信男情報本部長が説明する。

「第6波の倒産は、感染拡大に伴い売り上げの落ち込んだ零細企業が中心でした。第7波は負債総額で40億円から50億円と、これまで目立たなかった中堅クラスの企業の倒産が目立ちます。円安、原材料・資源高、さらに物流経費といったコスト高のリスクが重なり売り上げが落ち込み倒産するというパターンが特徴的です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声