杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

インフレ加速で注目集まるディスカウントストアは「庶民の味方」か

公開日: 更新日:

 改めて述べるまでもないが、インフレ(物価上昇)は市民生活を直撃する。つれて、政治は不安定になる。

 欧米のCPI(消費者物価指数)上昇率は8~10%に達している。国民の不満を受け、アメリカのバイデン大統領(民主党)、フランスのマクロン大統領の支持率は超低空飛行である。11月8日の中間選挙での民主党の苦戦は免れない。恐らく、上院か下院のどちらかの過半数を失うだろう。

 イギリスのジョンソン政権、イタリアのドラギ政権は崩壊した。イギリスは不祥事だが、国民の支持が離反した背景にはインフレの影響があったと思われる。

 一方、日本はどうか。CPI上昇率は2%そこそこだ。いまだにデフレを脱し切れていない。しかし個別に見ると、灯油、電力、ガスなど生活必需品は20%前後の値上がり(6月実績)となっている。もちろん、生鮮魚介、食用油、レトルト食品、牛肉、菓子類、電化製品、ガソリンなどの価格アップも著しい。育ち盛りの子供がいる家族はやりくりが大変だろう。

 食費を削るのは困難だし、猛暑なのにエアコンを止めるのは自殺行為(学生、児童らは夏休み)だろう。今後、インフレは加速する可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景