著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

TOPPANホールディングス(上)業界のトップランナーが社名から「印刷」を外した理由

公開日: 更新日:

 凸版印刷と大日本印刷。印刷業界の2強であり、切磋琢磨する関係だ。設立は凸版の1908年に対し、大日本は1894年。ともに100年を超える歴史を誇る。1949年5月に揃って上場した。

 売上高は凸版が1兆6782億円、大日本が1兆4248億円と2000億円ほど凸版がリードするが、純利益は凸版743億円、大日本1109億円と逆転する(ともに2024年3月期)。時価総額はともに1兆4000億円台で拮抗している(6月14日時点)。

 いずれにしても、日本の印刷業界はこの2社が牽引してきた。

 と、ここまで「凸版印刷」と続けてきたが、現在、この社名は存在しない。昨年10月に持ち株会社制に移行し、TOPPANホールディングスの下に事業会社のTOPPANがぶら下がる形となった。その両社ともに社名から「印刷」を外している。昨年来、俳優の大泉洋(写真)と成田凌が軽妙なやりとりをしたあと、「TOPPA!!!TOPPAN」と続くテレビCMが頻繁に流れていた。これは社名から「印刷」を外したことを周知徹底するためのCMだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる