全国初の「公明党」町長はなぜ生まれたのか

公開日: 更新日:

<投票率は33.54%>

 1人しか通らない小選挙区で勝っているし、大臣だって出している。かつてのようなアレルギーはなくなっているのかもしれない。それでも、なぜか違和感を覚えてしまう。

 20日投開票された神奈川県愛川町長選で、元公明党町議の森川絹枝氏(62)が初当選した。同党の議員経験者が首長選で当選するのは全国初。

 歴史的な快挙ということかもしれないが、それでいいのかという気もする。
 政治評論家の有馬晴海氏が言う。

「政党の崩壊が影響していると思います。小選挙区は政党政治を強めるはずですが、現状はむしろ逆。多くの有権者が、民主党にも自民党にもヘキエキし、『人となり』で投票するようになっている。町長レベルなら、なおさらでしょう。国交相ポストを押さえていることも大きい。東京では、建設業界の会合に公明党の都議や区議、市議まで呼ばれるようになっています。自民党よりも入札に関する情報が正確なんて話も聞く。それでなびいている票もあるのではないか」

 投票率は33.54%。この低さも組織政党に有利だったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る