いつの間にかスッポリ抜け落ちた国会議員の定数削減

公開日: 更新日:

<身を切る改革はヤル気なし>

 与野党の幹事長が、先週、国会改革の協議に入ることで合意した。首相や閣僚が外交や行政に専念できるよう国会出席の時間を減らすことや、その代わりに党首討論を増やすことがメーンテーマだが、ちょっと待って欲しい。国会改革の重要な論点が抜け落ちている。昨年の衆院解散時に野田―安倍が約束をした「定数削減」は一体、どうなったのか。

「定数削減はやらなければいけない。消費税を引き上げる前にこの国会か、来年の通常国会で結論を出そう」と野田が呼びかけ、安倍が「来年の通常国会でしっかりやっていくと、この場で約束する」とタンカを切ったアレである。

 当然、消費増税とセットになるのかと思ったら、約束の通常国会は終わり、来年4月の消費増税が決まっても、一向に定数削減が進む気配なし。いつの間にか、「国会改革=首相や閣僚の負担軽減」に矮小化され、定数削減は選挙制度改革の一部としてカヤの外に取り出されてしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る