いつの間にかスッポリ抜け落ちた国会議員の定数削減

公開日:  更新日:

<身を切る改革はヤル気なし>

 与野党の幹事長が、先週、国会改革の協議に入ることで合意した。首相や閣僚が外交や行政に専念できるよう国会出席の時間を減らすことや、その代わりに党首討論を増やすことがメーンテーマだが、ちょっと待って欲しい。国会改革の重要な論点が抜け落ちている。昨年の衆院解散時に野田―安倍が約束をした「定数削減」は一体、どうなったのか。

「定数削減はやらなければいけない。消費税を引き上げる前にこの国会か、来年の通常国会で結論を出そう」と野田が呼びかけ、安倍が「来年の通常国会でしっかりやっていくと、この場で約束する」とタンカを切ったアレである。

 当然、消費増税とセットになるのかと思ったら、約束の通常国会は終わり、来年4月の消費増税が決まっても、一向に定数削減が進む気配なし。いつの間にか、「国会改革=首相や閣僚の負担軽減」に矮小化され、定数削減は選挙制度改革の一部としてカヤの外に取り出されてしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る