法案通過前から縄張り争い 日本版NSCの空中分解

公開日: 更新日:

<「外務省には情報を渡せない」>

 安倍政権が早期発足を目指す日本版NSC(国家安全保障会議)。その事務局となる国家安全保障局の初代局長として、谷内正太郎内閣官房参与(69)に就任を打診したという。

 まだ設置法案も通っていないのに気の早い話だが、谷内といえば、第1次安倍内閣で外務次官を務め、06年10月の安倍訪中を調整して以来、安倍首相の外交ブレーンとして寄り添ってきた。なるほど、安倍が頼りそうな人材だが、これに猛反発しているのが、防衛省や警察庁だ。「NSCは外務省の下請け情報機関になるのか」(防衛省幹部)と危機感を募らせているのである。

 日本版NSCの設置目的は「省庁間の縦割りを排除し、情報を一元化して、外交・安全保障政策を統一的に行う司令塔の役割を果たすこと」とされる。防衛・外交を中心とする情報を国家安全保障局に集め、官邸機能を強化するのが狙いだ。情報を上げるのは外務省、防衛省、警察庁、公安調査庁といった省庁になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る