• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

定例会見を中止要請…嘘八百並べた猪瀬知事の成り上がり人生

 まったく往生際の悪い男だ。医療法人「徳洲会」から5000万円を受け取った問題をめぐって説明を二転三転させている猪瀬直樹都知事(67)。とうとう、毎週金曜日に行われている定例記者会見を中止したいと記者クラブに要請し始めている。もはや会見からも逃げ出すありさまだ。

 会見を開くたびに、疑惑が深まり、記者から攻められ、シドロモドロになっている猪瀬知事。普通の神経なら「これ以上、恥をさらしたくない」と、とっとと都知事を辞職しているはず。しかも、猪瀬知事は、曲がりなりにも作家を名乗ってきた。作家としてのプライドがあれば、釈明もせず、黙って辞任するものだ。

 作家のなかにし礼氏も出演したテレビでこう憤慨していた。
「作家は哲学と美意識で創作するものです。彼には肩書から作家を外してもらいたい。全ての作家に対し失礼です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る