不良品を高値で 改ざんデータでバレた自衛隊の機関銃事情

公開日: 更新日:

 住友重機械工業(本社・東京)が防衛省に納入している機関銃の試験データを、10年以上にわたって改ざんしていたことが発覚した。ビックリしたのが、こと機関銃に関しては、住重がほぼ独占契約だったことだ。

 防衛産業と防衛省の癒着は以前から指摘されていたが、これじゃあ、やりたい放題だ。

 防衛省は防衛装備品を発注する際、発射速度や目標命中率などの「要求性能」を定め、それを満たしたものしか納入させない。

 ところが同社は、「要求性能」を満たしていないのに、基準に達しているように装い、“不良品”を納入していた。機関銃の数にすると1000丁を超えるというからヒドイものだ。

 精度の悪い機関銃を使わされる隊員にしたら、それこそ命にかかわるが、こんなことが起こったのも、1社独占だったからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る