70歳代の元首相ばかりが先頭に立とうとするこの国の異様

公開日:  更新日:

 いくら少子高齢化が進んでいるといっても、バリバリの働き盛り世代がいないわけではない。脂が乗った40~50代は大勢いる。それなのに、なぜか政治の世界で先頭に立とうとするのは、すでに引退した老人ばかり。還暦前の現役連中は静かなものだ。

 都知事選に立候補する細川元首相は76歳で、タッグを組んだ小泉元首相は72歳。東京五輪の組織委員会会長に就任した森元首相も76歳である。

 政治評論家の山口朝雄氏が言う。
「日本では短命政権が多いこともあり、“元首相”の肩書を持った人たちが多すぎる。普通だったら退陣後は隠居するか、裏方に徹するもの。人脈や経験を生かし、後輩を支えるのが当たり前です。いかんせん不本意な形で権力の座を失うケースが多いため、みんな未練タラタラ。チャンスがあれば、もう一度スポットライトを浴びたいと望んでいる。老いても野心はたっぷりなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る