父の復権を息子が妨害…都知事選は「小泉親子」の代理戦争

公開日: 更新日:

「脱原発」の細川元首相(75)と、「東京五輪と社会保障」の舛添元厚労相(65)。23日に告示される都知事選は、ようやく対決の構図がハッキリしてきた。

 細川は、小泉元首相との「元首相連合」で無党派層を狙い撃ちする戦略だ。一方で、都連が舛添推薦を決めた自民党の切り札は、小泉進次郎復興政務官である。都知事選は、小泉親子の代理戦争となりそうだ。

 政治評論家の浅川博忠氏が言う。
「細川さんは、週明けにも小泉さんと会談して、支援を取りつける見込みです。小泉さんは頼まれれば乗るでしょう。昨年11月に日本記者クラブで会見して脱原発を主張し、安倍政権に揺さぶりを掛けています。脱原発の声を広げたいという思いは本物。ただ、このときは思ったほど効果がなかった。マスコミの書きようはおとなしかったし、安倍さんも相手にしませんでした。小泉さんには5年5カ月、政権を担ったという強烈な自負があります。そんな自分を無視した安倍さんに不愉快な思いをさせられた。そのリベンジを2人でやろうという考えです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る