• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪組織委会長に就任の矢先…森喜朗もビクつく「細川出馬」

 細川護煕と小泉純一郎の元首相“強力タッグ”を苦々しく思っている人物が、自民党内にもうひとりいる。細川の都知事選出馬表明と同日の14日、2020年東京五輪大会組織委員会会長へ就任が決まったばかりの森喜朗元首相(76)だ。

 森は10日夜のテレビ番組に続き、14日午前に行った講演でも、脱原発を掲げ出馬する細川を「五輪を人質に取って原発をやめさせるかを迫るのは卑怯なやり方」と公然と批判。

 その細川が都知事に当選すれば、文科相、JOC会長に森会長と都知事で組織運営の方向性を決める4者会議「連絡調整会議」や事務総長人事が、森の思惑どおりに進まない可能性もある。

 今回の細川批判は、それを牽制する狙いもあったのだ。
「森元首相を組織委会長に担ぐ動きは、猪瀬前都知事辞任と前後して、12月中旬からすでにできあがっていました。安倍首相が組織委人事に森氏起用をほのめかすと、猪瀬氏は<都とJOCでやる>と露骨に反発していた。しかし、その猪瀬氏が辞任したことで、森氏は安心して東京五輪を牛耳れるはずだったのです。ところが、年が明けると細川・小泉タッグが出てきた。本人も寝耳に水だったでしょう。細川氏が東京五輪で森氏のイエスマンになるはずもないだけに、心中穏やかではありませんよ」(都政担当記者)

 14日の講演で森は、細川を「卑怯者」呼ばわりしたくせに、小泉に対しては細川支援を思いとどまるよう説得する考えはないといった。
 小泉の支援がなければ、細川出馬のインパクトは半減するはずだが、それができないあたり、森ってつくづく小物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る