日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都知事候補 細川護煕と宇都宮健児の意外な“因縁”

 どうやら一本化はムリらしい。都知事選に「脱原発」を掲げて出馬する細川護煕元首相(76)と前日弁連会長の宇都宮健児(67)の候補者調整のことだ。

 宇都宮陣営には連日、細川周辺や有識者から「一本化すべきだ」との要請が届いているが、宇都宮はなかなかクビを縦に振らないという。かたくなに拒む理由として囁かれるのが、20年以上前の「オレンジ共済組合詐欺事件」をめぐる2人の「因縁」だ。

 事件は95年の参院選で旧新進党から初当選した故・友部達夫が主宰する「オレンジ共済組合」が高利をうたって顧客約2000人から90億円を集め、約60億円が返済不能になったもの。友部は97年に詐欺罪で逮捕されて有罪が確定し、議員を失職。集めたカネのうち、総額5億円余りが政界工作の資金に流れたとされ、細川にもカネが渡ったとして国会で追及された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事