注目の小泉元首相欠席でドッチラケの自民党大会

公開日:  更新日:

 19日、都内で行われた自民党大会は静かなものだった。ハンマー投げの室伏広治が壇上に登り、歌手の松崎しげるも歌を披露したが、歓声や笑いが大きく響くこともなく終了した。

 それもそのはずで、出席かどうかが注目された小泉元首相が欠席では盛り上がらない。
 この日、NHKに出演した日本維新の会の橋下徹共同代表は「都知事選は明らかに自民党と小泉元首相の対決」と指摘した。

 小泉が顔を出せば、敵の本丸に乗り込むようなものだし、安倍と小泉のツーショットは絵になる。それが空振りではメディアもガックリだ。また、安倍首相の総裁演説も経済中心で、安倍シンパが望んだ「集団的自衛権」の問題にも踏み込まなかった。目玉に欠ける大会となったのは明らかだ。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る