自民党が慌ててまとめた「脱原発」小泉元首相への噴飯反論

公開日: 更新日:

 自民党の原発再稼働を推進する議員でつくる「電力安定供給推進議員連盟」(会長・細田博之幹事長代行)が21日、反小泉の資料をまとめた。

「原子力発電の現状と将来」と題した資料で、大ざっぱに言うと、「100万キロワット級の原発で年間排出される使用済み燃料は、輸送容器(キャスク)2基分で、保管スペースは8畳分」「使用済み燃料を再処理してガラス固化すると、貯蔵スペースは4畳分」という内容。

 要するに年間で排出される使用済み燃料は容量が小さく、まだ捨て場所を探す時間はある――と主張。「原発即ゼロ」宣言をした小泉元首相の「最終処分場のメドをつけられると思う方が楽観的で無責任」との発言に対抗したのだ。

 だが、核のゴミ問題で重要なのは保管スペースがあるかどうかという問題ではない。どんなに容量が小さくても半永久的に強い放射能を発する核のゴミは捨てる場所がないのである。トイレがないマンションなのに、「排泄(はいせつ)物はスペースを取らない」といわれたところで、誰が納得するものか。

 国内原発の使用済み核燃料は既に1万7000トン。10年以上前から処分場の候補地を探しているが、何のメドも立っていない。小泉発言の火消しに躍起になっている自民党の周章狼狽(ろうばい)ぶりが、かえって分かるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る