潮目変化…小泉元首相が仕掛ける「東電前『脱原発』国民集会」

公開日: 更新日:

 小泉元首相が東京電力の前で、一大イベントを仕掛ける――そんな計画が明らかになった。

 小泉側近が打ち明ける。
「“脱原発”を争点に細川―小泉連合は都知事選を戦っている。それなら、東京・内幸町の東電の前で、選挙演説会を開くのは当たり前の話で、“ぜひ、やろう”ということになってきました。小泉さん本人もすごく乗り気だし、その効果は計り知れない。脱原発の大集会を開けば、全国から賛同者が集まる。10万人近くが集まっておかしくありません。それだけ集まれば、大手メディアも無視できない。報道ヘリも飛んで、空からの写真もテレビで流れる。今、脱原発は都民の関心事の3番目とかいわれていますが、ムードはがらっと変わるはずです」

 この国民集会に関して、小泉本人は、“ライバル候補”の宇都宮陣営と組んでもいいとも考えている。
 ただ、実現にはカベがある。あの電力総連なる労組の存在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る