• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田日銀「追加緩和」めぐって囁かれる 竹中平蔵氏の“暗躍”

 株式市場が追加金融緩和への期待を膨らませている。日銀は近いうちに動くという読みも多く、その効果で、ここ数日は株高傾向だ。日経平均は続伸し、3日終値ベースで約3週間ぶりに1万5000円の大台を回復した。兜町では、「早ければ4月8日にも追加緩和が発表される」(証券関係者)ともっぱらなのだが……。

 黒田東彦・日銀総裁は「日本版QE2」(量的金融緩和第2弾)をいつ打ち出すか――。これが市場の最大テーマになってきた。

「黒田日銀が前回の異次元緩和を発表したのは、昨年4月4日です。市場は歓迎し、それをキッカケに、株価は上昇カーブを描きました。あれから1年。市場は、当時の高揚感を再現してほしいと催促しているのでしょう」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 次の日銀の金融政策決定会合は4月7、8日。ここでQE2に踏み切れば、株価上昇に一段と弾みがつく。消費増税による消費低迷が懸念される時期だけに、「景気の停滞ムードを払拭させるため、安倍政権が黒田日銀に要請するのではないか」(証券アナリスト)という声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る