日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田日銀「追加緩和」めぐって囁かれる 竹中平蔵氏の“暗躍”

 株式市場が追加金融緩和への期待を膨らませている。日銀は近いうちに動くという読みも多く、その効果で、ここ数日は株高傾向だ。日経平均は続伸し、3日終値ベースで約3週間ぶりに1万5000円の大台を回復した。兜町では、「早ければ4月8日にも追加緩和が発表される」(証券関係者)ともっぱらなのだが……。

 黒田東彦・日銀総裁は「日本版QE2」(量的金融緩和第2弾)をいつ打ち出すか――。これが市場の最大テーマになってきた。

「黒田日銀が前回の異次元緩和を発表したのは、昨年4月4日です。市場は歓迎し、それをキッカケに、株価は上昇カーブを描きました。あれから1年。市場は、当時の高揚感を再現してほしいと催促しているのでしょう」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 次の日銀の金融政策決定会合は4月7、8日。ここでQE2に踏み切れば、株価上昇に一段と弾みがつく。消費増税による消費低迷が懸念される時期だけに、「景気の停滞ムードを払拭させるため、安倍政権が黒田日銀に要請するのではないか」(証券アナリスト)という声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事