アベノミクスの帰結…国民は1%の人たちに踏みつけられる

公開日: 更新日:

 1990年のバブル崩壊で、日本が成長する時代は終わりました。それからの20年は、だましだましです。ただ、過去の蓄積が大きいから、(1)ゼロ金利(2)ゼロインフレ(3)ゼロ成長でも、クラッシュさせずにやってこられた。1人当たりGDPで比較すれば、ユーロ圏で独り勝ちといわれるドイツをいまだに上回っています。もちろん英仏よりも豊かで、3つがゼロでも十分に暮らしていけるのです。

 そんな状態を良しとせず、ゼロから引き剥がそうとしているのがアベノミクス。2%のインフレ目標を掲げ、GDP成長率や金利も2~3%程度を目指しています。「経済を立て直し、成長する日本を取り戻す」のだと勇ましい。

 でも、今の日本に「成長」の余地はあるのでしょうか。手狭な公団住宅が当たり前だった時代は終わりました。車は一家に1台、テレビは1人に1台です。温水洗浄便座やスマホの普及率もすさまじい。ほとんどの商品は、行き渡るところまで行き渡ってきています。「フロンティア」は残っていません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る