市議20人中9人が芋づる逮捕…青森県平川市の異常事態

公開日:  更新日:

 人口3万人の小さな市が騒然となっている。青森県平川市の市議20人のうち9人が青森県警に逮捕されたのである。

 きっかけは今年1月26日に投開票された市長選。現職の大川喜代治(69=公職選挙法違反で逮捕)と新人の長尾忠行(65)の一騎打ちで、新人の長尾氏の勝利に終わった。ところが、2月19日に大川サイドが選挙の票集めの謝礼として現金を市議に渡したことが発覚。22日までに現金買収などの公選法違反で芋づる式に市議9人が捕まったのだ。

■解散もできず、辞職もせず…

「市議のほとんどがお金をもらっているという噂もある。今後も逮捕者が増える可能性があります。津軽地方では昔から『津軽選挙』といわれるほど金権政治が横行していて、<お金を配って当たり前>という風潮がある。落選した大川陣営もばらまきましたが、当選した長尾陣営も地元の人に<1人1万円を配った>ともささやかれている。お金を配る量で選挙の当落も変わってくるともっぱらです」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る