破綻確実なのに問題先送り 年金制度は国家的詐欺だ

公開日: 更新日:

 これが年金官僚の本音だとしたら、あまりに無責任ではないか。

 自民党河野太郎衆院議員も、3日のブログで財政検証の結果について、こう書いていた。
<年金制度はもう持続できないから抜本改革をしなければならないということをわかってくれ、という(官僚の)メッセージだ>
<もはや基礎年金制度は破綻しているといっても過言ではない>

 年金の財政検証は5年ごとに行われ、5年後までに代替率が50%を切る試算が出た場合には制度改正の検討が必要になる。今回は当てはまらず、受給年齢の選択引き上げ制など、ほんの少しの手直しで終わってしまいそうだ。

「要するに、『100年安心』を担保するために数字を寄せ集めた試算なのです。こんなゴマカシがいつまで通用するのか。完全に破綻する前に、年金財政の実態に真正面から取り組まなければならないのに、これで抜本改革は先送りされ、世代間の不公平も広がる一方です」(荻原博子氏)

 第1次安倍政権が倒れたのも、きっかけは年金問題だった。同じ轍を踏まないために、問題を先送りしたのだとすれば許されない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る