• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パソナ島に化けた淡路島 4億円かけた小学校まで無償譲渡

淡路島ルポ第2弾

 兵庫県・淡路島には、源義経との悲恋で知られる舞の名手・静御前が尼僧になって移り住んだという伝説がある。静御前の扇をイメージして1994年に造られた音楽専用ホール「しづかホール」。ここも今では「パソナホール」になっている。淡路市は12年4月にパソナグループを「指定管理者」に指定。パソナは、市から年間予算2000万円の税金をもらい、ホールを管理・運営している。施設を使う時は、淡路市民は市ではなくパソナに利用料を払わなくてはならない。

 ホールの近くを散歩しているお年寄りがこう言った。
「しづかホールは地元では『でんでん虫』って呼ばれて親しまれとるんよ。扇というより丸っこくて、でんでん虫みたいじゃろ。それがいつの間にかパソナの施設になってしまって寂しいよ」

 島の人間が「乗っ取られた」と思っているのは、しづかホールだけじゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事