兵庫県議会デタラメ底なし 政活費で夫婦シッポリ九州旅行

公開日: 更新日:

 やはり“不正の温床”だったようだ。兵庫県の加茂忍県議(62)が九州地方への夫婦旅行に「政務活動費」(政活費)を支出していた。兵庫県議会の政活費のデタラメ支出といえば、「号泣会見」の野々村竜太郎元県議だが、同僚も同じ穴のムジナだったのである。

 加茂県議は3月、妻と2人で熊本・天草市や長崎市などを3泊4日の日程で旅行。費用の一部に13年度の政活費から「調査研究費」名目で約5万8000円を支出した。

「加茂夫婦が泊まった天草市の『小松屋渚館』は海辺の絶好のロケーションに立ち、展望露天風呂が人気の高級旅館です。県議は<ビジネスホテルがなかった>と釈明しているようですが、実際は、この旅館から車で5分の場所に格安のビジネスホテルがありました」(兵庫県政担当記者)

 疑惑を追及されると、デマカセを並べるのは野々村元県議と同じ。しかも、加茂県議は旅行中、「天草キリシタン館」の入館者400万人目として、メディアの取材を受けていた。政活費を使って夫婦旅行を楽しんでいることに、後ろめたい気持ちは全然ないらしい。メディア露出を避けるわけでもなく、夫婦そろって堂々と写真を撮らせている。自分たちは“税金旅行”して当然の特権階級と勘違いしているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  9. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 10

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

もっと見る