• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官邸の新聞辞令で外堀埋められ…石破幹事長も“腰砕け入閣”

 安倍首相に反旗を翻すのか、それとも恭順の意を示すのか。今度の内閣改造で、最大の注目は石破幹事長の処遇である。すでに報道が先行しているように安倍首相は次期総裁選の際、ライバルになる石破氏取り込みを狙って、安保担当相での入閣を打診、石破氏サイドは難色を示していた。

「ここで閣内に入ってしまえば、安倍政権に批判的な立場をとれないし、幹事長として握っていたカネも人事権も手放さざるを得なくなる」(政界関係者)

 入閣してもいいことが一つもない石破氏は、「無役になってもフリーハンドを得ようとするだろう」(周辺議員)とみられていたが、実は違った。

 安倍首相には逆らえないと思ったのか、首相周辺に〈「どんな役職でも受けます」と伝えている〉と報じられた。安倍首相は石破氏を安保担当相か、防衛相との兼務を検討しているとの報道もある。

 後任の幹事長にはすでに岸田外相の名前が挙がっているが、安倍首相と同郷で、実務能力にたけた河村建夫・選対委員長を推す声も上がっている。新聞辞令が先行し、石破氏も外堀を埋められてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る