日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官邸の新聞辞令で外堀埋められ…石破幹事長も“腰砕け入閣”

 安倍首相に反旗を翻すのか、それとも恭順の意を示すのか。今度の内閣改造で、最大の注目は石破幹事長の処遇である。すでに報道が先行しているように安倍首相は次期総裁選の際、ライバルになる石破氏取り込みを狙って、安保担当相での入閣を打診、石破氏サイドは難色を示していた。

「ここで閣内に入ってしまえば、安倍政権に批判的な立場をとれないし、幹事長として握っていたカネも人事権も手放さざるを得なくなる」(政界関係者)

 入閣してもいいことが一つもない石破氏は、「無役になってもフリーハンドを得ようとするだろう」(周辺議員)とみられていたが、実は違った。

 安倍首相には逆らえないと思ったのか、首相周辺に〈「どんな役職でも受けます」と伝えている〉と報じられた。安倍首相は石破氏を安保担当相か、防衛相との兼務を検討しているとの報道もある。

 後任の幹事長にはすでに岸田外相の名前が挙がっているが、安倍首相と同郷で、実務能力にたけた河村建夫・選対委員長を推す声も上がっている。新聞辞令が先行し、石破氏も外堀を埋められてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事