組閣情報ダダ漏れ 「新聞辞令」焚きつける安倍官邸の思惑

公開日: 更新日:

 内閣改造をめぐる「新聞辞令」が本格化してきた。

 17日は複数のメディアが「安倍首相は9月3日に断行する意向を固めた」と伝え、読売新聞は「党三役は全員交代」「高市政調会長は閣内で処遇」と報じた。

「今週から、さらにいろいろと具体的な名前が挙がってくるでしょう。人事情報を小出しにすることで、党内の求心力を維持する。世間の関心を引き付ける意味もあるでしょうね」(政治評論家・浅川博忠氏)

 すでに官房長官、副長官の留任が決定。麻生財務相と甘利経済再生相の留任のほか、「稲田朋美行革相が政調会長」とか、「小渕優子元少子化担当相の幹事長起用」など、「ホンマかいな」と言いたくなるような人事案までメディアは報じている。

 安倍首相が石破幹事長に安保担当相を打診したと、朝日新聞が報じたのが7月末。以来、政界は改造人事の話題で持ちきりで、改造の1カ月も前から具体的な入閣候補者の名前が新聞紙面をにぎわし続けるのも前代未聞だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る