日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新メンバー加入「経財諮問会議」は安倍首相の“お友達”だらけ

 内閣改造に伴ってメンバーを入れ替えた、政府の経済財政諮問会議。16日、新メンバーで初めての会議が開催された。

 新たに加わったのは、改造内閣から高市総務相と小渕経産相の女性閣僚2人。民間議員は経団連の榊原会長とサントリーHD次期社長の新浪顧問が着任した。

 安倍首相は「地方創生と女性活躍が内閣の看板政策」なんて言っていたが、そのわりには、石破地方創生相も有村女性活躍担当相も会議のメンバーに入っていない。

「新加入の女性閣僚は、安倍政権の方針に黙って従うだけの賑やかし要員です。榊原、新浪の両氏はもともと産業競争力会議の議員を務めていて、そこでの働きぶりが評価されたということでしょう。経団連の米倉前会長は官邸と距離があったが、榊原会長は自民党への政治献金再開を決めるなど、安倍政権との距離が近い。新浪氏も昨年、政府の賃上げ要請にいち早く呼応した。要するに、経済財政諮問会議のメンバーも首相のお友達ばかりなのです」(元法大教授・五十嵐仁氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事