「新国立」だけじゃない どんどん狂う東京五輪のズサン計画

公開日:  更新日:

 2020年東京五輪は本当に開催できなくなるんじゃないか。メーンスタジアムの新国立競技場の建設計画が大幅に遅れている。今年7月から現競技場の解体工事を始める予定だったが、不正入札でやり直しが続き、今月中旬に3度目の入札が行われることになった。

 一時は3000億円という試算もあった総工費も定まらない。規模を縮小し現状、総額1625億円とされているが、現計画に反対する建築家の槇文彦氏らのグループがまとめた試算では、1・5倍以上の2500億円に達するという。

■まるで「埼玉五輪」

 ほかの計画も狂い始めている。葛西臨海公園の中に建設予定のカヌーのスラローム会場は、自然保護を求める「日本野鳥の会東京」などの反対で場所が変更された。バスケットボール会場も、東京・夢の島からさいたまスーパーアリーナに変更されそうだし、東京湾に建設予定のボート会場も埼玉県の戸田市になる可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る