連日「運動中止レベル」 東京五輪はほとんど猛暑日になる

公開日: 更新日:

 各地で猛暑を記録した先週(21~27日)は全国最多の620人、最高気温35・6度だった25日だけで106人――。
 東京都における熱中症救急搬送者の数である。

 6年後のこの時期は、ちょうど東京五輪の真っただ中。猛烈な暑さに選手も観客も命懸けとなりそうだが、2020年はもっと過酷な暑さが待っている。気象予報士の森朗氏がこう言う。

「東京の平均気温は、過去100年で3・1度上昇しました。地方の中小規模都市がおおむね約1度アップですから、異常な上がりようです。このペースでいけば、6年後には、平均気温が現在より0・2~0・3度上昇すると思われます。ほんのわずかな上昇のようですが、これは最高気温が35度を超える猛暑日が現在より数日増えることを意味します。東京では昨年7月、8月に11日を記録しましたが、20年には14日以上の可能性があるわけです。しかも東京は、五輪開催地として過去最も暑かったアテネよりかなり多湿です。間違いなく、史上最も過酷な五輪になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  3. 3

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 7

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  11. 10

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

もっと見る