• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連日「運動中止レベル」 東京五輪はほとんど猛暑日になる

 各地で猛暑を記録した先週(21~27日)は全国最多の620人、最高気温35・6度だった25日だけで106人――。
 東京都における熱中症救急搬送者の数である。

 6年後のこの時期は、ちょうど東京五輪の真っただ中。猛烈な暑さに選手も観客も命懸けとなりそうだが、2020年はもっと過酷な暑さが待っている。気象予報士の森朗氏がこう言う。

「東京の平均気温は、過去100年で3・1度上昇しました。地方の中小規模都市がおおむね約1度アップですから、異常な上がりようです。このペースでいけば、6年後には、平均気温が現在より0・2~0・3度上昇すると思われます。ほんのわずかな上昇のようですが、これは最高気温が35度を超える猛暑日が現在より数日増えることを意味します。東京では昨年7月、8月に11日を記録しましたが、20年には14日以上の可能性があるわけです。しかも東京は、五輪開催地として過去最も暑かったアテネよりかなり多湿です。間違いなく、史上最も過酷な五輪になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る