連日「運動中止レベル」 東京五輪はほとんど猛暑日になる

公開日:  更新日:

 各地で猛暑を記録した先週(21~27日)は全国最多の620人、最高気温35・6度だった25日だけで106人――。
 東京都における熱中症救急搬送者の数である。

 6年後のこの時期は、ちょうど東京五輪の真っただ中。猛烈な暑さに選手も観客も命懸けとなりそうだが、2020年はもっと過酷な暑さが待っている。気象予報士の森朗氏がこう言う。

「東京の平均気温は、過去100年で3・1度上昇しました。地方の中小規模都市がおおむね約1度アップですから、異常な上がりようです。このペースでいけば、6年後には、平均気温が現在より0・2~0・3度上昇すると思われます。ほんのわずかな上昇のようですが、これは最高気温が35度を超える猛暑日が現在より数日増えることを意味します。東京では昨年7月、8月に11日を記録しましたが、20年には14日以上の可能性があるわけです。しかも東京は、五輪開催地として過去最も暑かったアテネよりかなり多湿です。間違いなく、史上最も過酷な五輪になるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る