JOCvs議連 五輪強化費1000億円めぐりバトル勃発

公開日:  更新日:

 醜い場外乱闘のゴングが鳴った。
 来春創設予定のスポーツ庁のあり方を議論する超党派のスポーツ議員連盟(麻生太郎会長)。そのプロジェクトチームが14日、「五輪選手の強化機能を日本オリンピック委員会(JOC)から切り離すべし!」という主張を文科省に提言する方針を固めた。

 これまで五輪選手の強化はJOCが中心となり、国とtotoを管理する日本スポーツ振興センター(JSC)から多額の強化費を受給。その後、各団体に配分していた。ところが、近年は柔道をはじめ、不正受給問題が頻発。プロジェクトチームの遠藤座長は「現状では(強化費の配分を)JOCに任せるのは難しい」と不信感もあらわに話した。

 これにJOC側は「我々には各団体との信頼関係と実績がある」と反論したが、強化費の不正受給をこうも許しているようでは説得力に欠ける。なるほど、スポーツ議連の言い分はもっともだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る