• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JOCvs議連 五輪強化費1000億円めぐりバトル勃発

 醜い場外乱闘のゴングが鳴った。
 来春創設予定のスポーツ庁のあり方を議論する超党派のスポーツ議員連盟(麻生太郎会長)。そのプロジェクトチームが14日、「五輪選手の強化機能を日本オリンピック委員会(JOC)から切り離すべし!」という主張を文科省に提言する方針を固めた。

 これまで五輪選手の強化はJOCが中心となり、国とtotoを管理する日本スポーツ振興センター(JSC)から多額の強化費を受給。その後、各団体に配分していた。ところが、近年は柔道をはじめ、不正受給問題が頻発。プロジェクトチームの遠藤座長は「現状では(強化費の配分を)JOCに任せるのは難しい」と不信感もあらわに話した。

 これにJOC側は「我々には各団体との信頼関係と実績がある」と反論したが、強化費の不正受給をこうも許しているようでは説得力に欠ける。なるほど、スポーツ議連の言い分はもっともだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る